ボストンサプリメント

抜け毛を止めるにはどうすればいいのか?

抜け毛を止めるには根本からの対策が必要

 

育毛剤やリアップで髪を丈夫にしたり、生やしたりすることはできますが、薄毛の大元となってくる”抜け毛”を止めることは育毛剤や発毛剤ではできません。

 

育毛剤

発毛剤(リアップ)

効果

髪に栄養を与えて細く弱った髪を、太く丈夫に育てる。 発毛成分ミノキシジルの効果でハゲてしまった部分に発毛させる。

抜け毛を止める

できない

できない

 

抜け毛の原因は、体の中にあって育毛剤などの外からの対策では止める事ができません。

 

では、体の中にある抜け毛の原因とはどのようなものなのか?そしてどうすれば抜け毛を止める事ができるのか?というのをご説明します。

 

まず、体の中にある抜け毛の原因ですが、これは、男性ホルモンが大きな原因となります。

 

男性の体の中には、「テストステロン」という男性ホルモンが存在します。

 

テストステロン自体にハゲる要素はないのですが、そのテストステロンがバランスを崩し、5aリダクターゼ酵素という酵素と結合することがあります。

 

すると、結合したテストステロンと5aリダクターゼ酵素が「ジヒドロテストステロン」という酵素に変化します。

 

そして、このジヒドロテストステロンこそが、抜け毛の最大の原因になるのです。

 

ジヒドロテストステロンは強力な脱毛酵素で、別名DHTとも呼ばれています。

 

ジヒドロテストステロンは一度発生すると今ある髪、そして新しく生えてきた髪をどんどん抜いていく働きがあります。

 

この現象をテレビなどでもよく言っていますが、AGA、男性型脱毛症と言います。

 

このジヒドロテストステロンは、育毛剤や発毛剤などの外からでは止めることができません。

 

ジヒドロテストステロンを止めるには、体の中から発生を抑えるしかありません。

 

では、どうすれば、この強力な脱毛酵素を抑えることができるのかと言いますと、ここで力を発揮するのがノコギリヤシサプリです。

 

ノコギリヤシの成分には、ジヒドロテストステロンの発生の原因となる5aリダクターゼ酵素を抑える力があります。

 

5aリダクターゼ酵素を抑えてしまえば、テストステロンと結合することはできなくなって、その結果、ジヒドロテストステロンの発生自体を止めることができます。

 

ジヒドロテストステロンの発生さえ抑えてしまえば、抜け毛を止める事ができて、新たに生えてきた髪も抜けることなく育てることができます。

 

ノコギリヤシ以外でこの脱毛酵素を防ぐには、AGA治療に使われる飲み薬プロペシアの服用です。

 

プロペシアは、ノコギリヤシと同じ5aリダクターゼ酵素の働きを抑える効果があり、ジヒドロテストステロンの発生を防ぐことができます。

 

しかも、その効果はノコギリヤシよりも強力です。

 

しかし、やはり医薬品ですので、手に入れるには医師の診断が必要な上に、副作用の心配もあります。

 

確実に脱毛酵素の発生を防ぐには、プロペシアの服用が1番ですが、副作用などを気にされるのなら、まずノコギリヤシサプリを試されるのをおすすめします。

 

僕が飲んでいるノコギリヤシサプリ「ボストン」は、多くの方が抜け毛が治まったという効果を実感されている上に、ノコギリヤシ以外の配合成分によって太く丈夫な髪に育毛することもできます。

 

もちろん僕も、3ヶ月の服用で確かな効果を実感しています。

 

以上が抜け毛の根本の原因と、その対策方法になります。

 

 

⇒ボストン飲3ヶ月の効果トップページ