ボストンサプリメント

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤ってどう違うの?

 

育毛剤と発毛剤の違いについてお話します。

 

髪が薄くなってきたら育毛剤を使うというのは、皆さんご存じの薄毛対策だと思いますが、気をつけなくてはならないのは、育毛剤と発毛剤というのは効果も使用目的も別ということです。

 

では、育毛剤と発毛剤はどう違うのかとご説明します。

 

まず、一般的にドラッグストアなどに沢山並んでいるのは育毛剤です。

 

育毛剤というのは、字の通り”毛を育てる”ものです。

 

ですので、本来の目的としては、髪が弱って細くなったり、コシが無くなったりした時に、髪を太くしたり丈夫にするために栄養を与えるというのが育毛剤の目的となります。

 

ですので、育毛剤の成分は髪を太くしたり、丈夫にするための成分が含まれていることになります。

 

分かりやすいイメージとしては、育毛剤は髪の栄養ドリンクというイメージですね。

 

つまり、結論を言いますと、育毛剤は髪に栄養を与えるものであり、髪を生えさすものではないということになります。

 

皆さん育毛剤を購入する際は、薄くなった髪を増やしたいとか、ハゲてしまった部分に髪を生やしたいという思いで購入されると思います。

 

しかし、育毛剤では髪を太くすることはできても、量を増やすことや新たに髪を生やすということはできないということになります。

 

このことを理解しておかないと、髪を生やす目的で高いお金を払って育毛剤を購入したけど、効果は全く無し・・・ということになります。

 

育毛剤は髪に栄養を与えるもので、髪を生やすものではない

 

これが育毛剤の特徴です。

 

 

では、髪を生やすにはどうすればいいのかということですが、ここで登場するのが発毛剤です。

 

発毛剤は、毛を育てるではなく、発毛させるのが目的です。

 

つまり、ハゲて髪が無くなっている部分に新たに髪を生やすことができる薬ということになります。

 

でも、あの大量に並んでいる育毛剤の中でどれが育毛剤で、どれが発毛剤が見分けたらいいのか分からないと思います。

 

しかしご安心下さい。

 

現在、日本で発毛剤として認められているのは、ただ1つだけです。

 

それは、皆さんご存じかもしれませんが、大正製薬の『リアップ』です。

 

リアップは、日本でただ1つ発毛効果、つまり毛が生えてくると認められた発毛剤で、リアップ以外は発毛効果は認められていません。

 

海外には、リアップのような発毛剤はありますが、日本で発毛剤はリアップだけですので、発毛剤をお探しの際は必然的にリアップを購入するということになります。

 

なぜ、リアップは発毛効果が認められていて、他の育毛剤は発毛効果が認めれていないのかと言いますと、その違いは成分にあります。

 

リアップには、『ミノキシジル』という世界的に認められた発毛成分が含まれています。

 

ミノキシジルは唯一、”髪が生える”ということが認められている医薬品で、日本の育毛剤ではリアップのみに配合されています。

 

しかしミノキシジルは、医薬品で効果も強力なので若干の副作用のリスクもあります。

 

ですので、試される際は、よく説明書などを読んだ上で使用することが重要です。

 

 

以上が、育毛剤と発毛剤の違いになります。

 

 

追記

 

ミノキシジルの3倍の効果で副作用が無いとして、今最も注目されている育毛剤です↓

 

【キャピキシル5%配合フィンジア】