ボストンサプリメント

肉ばかり食べるのは薄毛の原因

野菜で血液サラサラに

 

日頃からできる薄毛予防として、”食事”という予防があります。

 

中でも、肉をよく食べるのか、野菜をよく食べるのかでは、薄毛になる確率が大きく変わってきます。

 

「世界でどこの国が一番ハゲが多いのか?」というおもしろい調べがあって、見事1位になったのは、『チェコ』でした。

 

チェコの人工に対する薄毛の人の割合は、40%ととても高い割合で、10人に4人はハゲているということになります。

 

ちなみに日本の割合は、25%ほどらしいです。10人中2人ほどですね。

 

このチェコが薄毛が多いという理由ですが、やはり大きな原因としては、”食事”が関係しているようです。

 

チェコの食生活は基本的に塩分が多く、肉が主体で野菜は少なめ、

 

さらにドロドロの塩辛いソースをかけたものを好んで食べる習慣があるそうでこれが薄毛になってしまう原因の一つともいえるようです。

 

まぁ、分かるような気がします(^-^;

 

塩分最強!コレステロール最強!ってことですもんね。

 

そりゃ、血もドロドロになってしまって、頭皮の毛細血管も詰りまくりということになりますよね・・・

 

ですので、日々の食事をできるだけ野菜中心にするだけでも、血液はサラサラになり、流れは良くなって栄養が体中に行き渡ることができます。

 

髪だけでなく、肌もキレイになり若く見えるようになりますよ(^^)v

 

ちょっとした事ですが、日々の食生活を意識してみて下さい。

 

 

⇒ボストン飲3ヶ月の効果トップページ