ボストンサプリメント

タバコと薄毛の関係

タバコを吸うとハゲるのか?

 

たばこは体に悪いことはご存じだと思いますが、髪への影響はどうでしょう?

 

たばこを吸うと薄毛になったり、ハゲたりと、「タバコが髪へ与えるの影響」ですが、結論から言いますと、

 

タバコを吸うとハゲます。

 

タバコを吸う人の全員が薄毛になったり、ハゲたりするわけではありませんが、タバコは体だけではなく、髪にも凄く悪影響を及ぼします。

 

では、なぜタバコを吸うと髪にも悪影響なのかご説明しますと、
タバコを吸うと血中にニコチンが混ざります。

 

たばこのニコチンは、溜まっていくとドロドロになる有害物質で、血管の中の血液の流れも悪くします。

 

髪を作ったり、育てたりしているのは、頭皮に何百本も張り巡らされた毛細血管によって栄養を運んできてもらっているおかげなのですが、たばこを吸って血中にニコチンが混入してしまうと、その毛細血管は詰まってしまいます。

 

ただでさえ細い毛細血管ですので、ニコチンのようなドロドロした物質が流れようとするとスグに詰まってしまい、詰まった血管は固まって切れてしまいます。

 

そして、髪に栄養を運ぶための大切な血管が切れてしまうと、髪に栄養を運ぶことができなくなってしまいます。

 

その結果、髪は栄養不足となってドンドン細くなっていき、最後には毛穴の大きさより細くなって”抜け落ちる”ということになります。

 

これが、タバコをすって髪が薄くなったり、ハゲたりする原因です。

 

 

たばこを辞めると肌がキレイになるというのも、これと同じ原理です。

 

血中のニコチンによって肌に充分な栄養が運ばれないため、肌荒れや乾燥したりします。

 

僕もそうですが、たばこは一度吸ってしまうとなかなか辞められません。

 

しかし、辞めると健康面でも美容面でも、物凄く大きなメリットがあるもの事実です。

 

 

⇒ボストン飲3ヶ月の効果トップページ