ボストンサプリメント

髪を太くして密度を上げる

髪を太くして薄毛改善

 

AGAなどで抜け毛が始まると、髪の量は徐々に少なくなっていき、頭皮が透けて見えるようになります。

 

この時、抜け毛はジヒドロテストステロンの発生を抑えて止めることが重要ですが、それ以外にも改善する方法があります。

 

それは、髪を太くすることです。

 

例えば、直径1ミリの髪が100本あれば全体の太さは100ミリになります。

 

そして直径0.5ミリの髪が100本あれば全体の太さは50ミリになります。

 

同じ100本の髪ですが、太さが違うと全体の密度というのは大きく変わってしまいます。

 

つまり、本数を増やすことができなくても髪の太さを太くすれば、見た目の密度は変わるということになります。

 

細くふにゃふにゃの髪100本と、太く丈夫な髪100本では、明らかに見た目のフサフサ感は違います。

 

では、どうすれば髪を太くできるかと言いますと、簡単なのは食生活の見直しです。

 

髪はケラチンというタンパク質でできています。

 

髪のタンパク質が不足すると、髪が細くなったり、弱って抜けやすくなります。

 

ですので、髪の太さや強さを改善するには、良質のたんぱく質をしっかりと摂取することで改善することができます。

 

<タンパク質を作るにはビタミン・ミネラルが必要>

 

タンパク質はアミノ酸から作られるのですが、それにはビタミンの助けが必要となります。

 

ビタミンやミネラルは不足しがちな栄養素なので、意識して摂ることが大切です。

 

ビタミン、ミネラルと言っても、どういったものなのかイメージがわかないと思いますので、育毛に効果的な食品をいくつかご紹介します。

 

育毛に効果的な食品

肉(特に鶏や赤身)、魚(特にサンマやアジなどの青魚)、卵、大豆、緑黄色野菜、レバー、ひじき、牡蠣、牛乳、チーズ、みかん、いちご、玄米、豆腐、納豆、アサリ、しじみ、わかめ、など

 

バラバラに書きましたが以上の食品は、特に育毛に効果的な栄養素を多く含む食品なので、意識して毎日の食事に取り入れていって下さい。

 

 

<髪に良くない食品>

 

髪に良いものは以上ですが、髪に良くないものもご紹介させていただきます。

 

髪に良くない食べ物は、感覚的には脂っこいもの、辛いもの(味の濃いもの)です。

 

動物性脂肪の多い食べ物や塩分、糖分を多く含んだ食べ物の摂り過ぎは抜け毛や薄毛の原因になります。

 

それに加え、カフェインや添加物の多く含まれる食べ物も摂り過ぎると薄毛の原因になりますので、コーヒーの飲み過ぎなどには注意して下さい。

 

 

⇒ボストン飲3ヶ月の効果トップページ