ボストンサプリメント

ハゲる兆候とは

ハゲる前に表れる兆候

 

ハゲる前には、多くの方に共通する兆候があります。

 

僕の時もありました。

 

それでは、その兆候についてお話しようと思います。

 

まず、1番多くの方が共通するハゲる前の兆候が、”短い髪が抜ける”ということです。

 

これはネットなどでもよく見かけますが、ハゲる前の兆候として、先端が細く、1センチまでの短い髪がよく抜けるようになるとハゲる兆候のようです。

 

僕もこの短い髪については、風呂に入ってシャンプーをする時によく抜けていました。

 

シャンプーで長い髪が抜けるのは、人は1日に100本くらいまでの抜け毛なら正常ですので、気にすることはないようです。

 

僕の時は、シャンプーをしていて、泡の中に沢山の先端の細い短い髪が混ざっていました。

 

最初は特に気にせず、

 

「ハゲんじゃねーの(笑)」

 

とか、余裕こいていましたが、本当ハゲました(T_T)

 

なぜ、短い髪が抜けるとハゲる兆候なのかとご説明しますと、理由は脱毛酵素ジヒドロテストステロンの発生が関係しています。

 

ジヒドロテストステロンは、今ある髪、そして新しく生えてきた髪を根こそぎ抜いてしまう働きがありますので、新しく生えてきた髪、つまり先端が細く短いこれから成長する生えたばかりの髪も抜いてしまっているのです。

 

この髪が抜けているということは、ジヒドロテストステロンが発生している証拠でもありますので、”ハゲる兆候”ということになります。

 

皆さんも先端が細く短い髪が抜け毛に目立ち始めたら、かなり要注意なので、すぐに対応をして下さい。

 

 

続きましてのハゲる兆候が、顔や頭皮の脂です。

 

僕もでしたが、ハゲる前というのは、顔や、おでこ、頭皮の脂が変に多く分泌され、テカテカになります。

 

皮脂が多く分泌されると、頭皮の毛穴がつまり抜け毛が起こりやすい状態になります。

 

そして、毛穴に皮脂が詰まると、詰まった皮脂は固まってしまい髪が生えてくる邪魔をします。

 

当時は、まさかハゲる兆候だとは思わないので、特にシャンプーをスカルプシャンプーなどに変えることはなく、毛穴をキレイにするということも意識しないで日々を過ごしていました。

 

その結果・・・ハゲました(ToT)

 

この脂の異常分泌も後に調べてみると、ジヒドロテストステロンの影響によるもので、ジヒドロテストステロンは皮脂を異常分泌させる力もあり、発生のサインにもなっているようです。

 

またジヒドロテストステロンの発生による脂の異常分泌は、ニキビや、できものの原因にもなるようです。

 

 

最後のハゲる予兆が、頭皮から出る”フケ”です。

 

これも僕はハゲる前に経験がありました。

 

ある日突然、異常にフケが出るようになるのです。

 

特に黒い服などを着ていると分かるのですが、黒い服を着ている時に、髪をかき上げたり、何気なく頭を掻いた時に異常なほどのフケが出るのです。

 

僕は当然ハゲる兆候だとは知らなかったので、半分面白がって髪をゴシゴシしてフケを出なくなるまで出しまくっていました。

 

その結果・・・ハゲました(ToT)

 

このフケについては、先ほどの皮脂の異常分泌が関係していて、異常分泌した皮脂が毛穴に詰まって固まって、そしてそれがフケになっていたようです。

 

 

このハゲる予兆の共通点を見てみると、全て繋がっているのが分かります。

 

まず、ジヒドロテストステロンが発生して、生えたばかりの短い髪を抜いてしまう。

 

そして、抜け毛と同時に皮脂を異常分泌させて、固まった皮脂がフケとなって目立つようになる。

 

まさに僕が経験したのは、ハゲ街道まっしぐらの予兆だったのですね(^-^;

 

分かっていれば、ノコギリヤシサプリ飲んでました・・・

 

まぁ今から言っても遅いので復活に全力を注ぎたいと思います。

 

以上が多くの方に共通するハゲる前の兆候になりますので、、これらの兆候が表れた場合は、早急に対応されることを本当におすすめ致します。

 

 

⇒ボストン飲3ヶ月の効果トップページ